ダイエット成功に繋がる育児中の姿勢 - 産後ダイエット攻略

産後ダイエット成功に繋がる!育児中の正しい姿勢

産後の体は、日々の育児で負担が体にかかってくるので、歪みやすいです。
体が歪むと痩せにくく太りやすくなってしまいます。
産後ダイエット中でも、歪まない意識をしましょう。

 

無理な姿勢をしないようにするのが良いのですが、育児はどうしても負担がかかります。

 

そこで、育児の体勢で、無理な姿勢ではなく正しい姿勢をとれるように意識してみましょう。

意識することで、姿勢が変わっていきます

 

授乳中の姿勢について

 

授乳の時、姿勢が悪いまま授乳をしていると、トラブルが出てきます。
以下のような方法で、授乳時の姿勢を改善してきましょう。

 

クッションや授乳枕を使う

赤ちゃんが小さいうちは、前かがみで授乳しがちなので、猫背になりやすいです。

クッションや授乳枕等に赤ちゃんを乗せて授乳をすると、赤ちゃんの頭が高くなります。

授乳枕

 

授乳枕は授乳期間位しか使いませんが、あるとやはり便利です。

 

赤ちゃんも気持ちよくて、飲みながら寝たりしてました

 

猫背だと、バストの垂れ・肩凝り・お腹のたるみの原因になってしまうので気をつけましょう。

 

椅子に座って授乳する場合

椅子の方が楽に授乳できます。
でも、椅子でも猫背になりやすいです。

 

椅子の場合、背中にもクッションをいれると背中が丸くなりません。
背中が丸くならないように気をつけましょう。

 

床に座って授乳する場合

あぐらをかいて授乳

床に座って授乳する場合、あぐらをかいて授乳しましょう。
人前だとあぐらはかきづらいかもしれませんが、横座りは骨盤が歪みます。
家にいる時だけでも、左右対称になるようにあぐらをかくといいです。

 

壁に背中をくっつけて授乳

壁に背中をくっつけて授乳しましょう。
何もせずに授乳するとついつい猫背になりがちです。
壁に背中をつけると、猫背の人も無理なく正しい姿勢で授乳ができます。
姿勢の維持も楽なので辛くありません。

 

夜中の授乳の場合

夜中の授乳

夜中の授乳の時は意識が回らないかもしれません。
できるだけ夜中も工夫すると変わってきます。

 

  • ベッドのヘッドレストを利用する
  • 壁の近くに布団を敷く

など工夫すると楽に姿勢よく授乳できます。

 

縦抱き授乳の場合

縦抱き授乳
縦抱きで授乳する場合は、背中に背もたれや
クッションを当てましょう。

 

縦抱き授乳は、背中に支えがないと前かがみ
になりやすいです。

 

背中に背もたれやクッションを当てることで、
前かがみにならず、安定した授乳ができます。

 

ベビーカーの姿勢

ベビーカー

お散歩や買い物等、ベビーカーを使う時が結構あると思います。

 

ベビーカーを買うのなら、実際に歩いて歩きやすいか試してみましょう。

 

背筋を軽く伸ばして動かせるかどうかで、ベビーカーを使う姿勢が変わってきます。